お姉ちゃんのやきもち

お姉ちゃんのやきもち

今日は、生後1ヶ月の息子のママ友が遊びに来てくれる予定だったけど、

春一番で天気が荒れそうだったから、今日はキャンセルしてほしいとのことで家にひきこもることにしたよ。

天気が悪いとどこもでかけられないし、気分も憂鬱になるよね。

0才の息子はいつも以上にグズってるし、2才の娘は暇そうで出かけたいを連呼。

二人の気を紛らわせるため、テレビをつけたり、抱っこをしたりしてたら、

いつも昼過ぎにお昼寝するのに、今日は昼前に寝ちゃったよ。

早く寝てしまうと後が長く感じるから起こそうか悩んだけど、かわいい寝顔を見てたら、そっとしておこうと思ったね。

私は2人が寝てる間に、ストレッチやダンスをして、自分磨き。

母親になったからって女は捨てたくないし、少しでも時間があれば、美容やファッションについて勉強してるんだ。

2時間ぐらい爆睡して起きてきた娘。お昼はピザを用意したら、「美味しい美味しい」って夢中になって食べてくれた。

この姿見てると、いっぱい手作りで作ってあげたくなるよ。

それから息子も起きてきて、長い昼間のはじまり。

息子がママ大好き時期で、離れるとすぐに泣くから、1日中そばにいるんだけど、

いつもは外出したりで気を紛らわせてる娘も、今日は家でずっとその姿を見てるからか、精神不安定に。

お米を散らかしたり、「ママ~」って泣き叫んだり。私の体が2つあればなぁ。

できる限り娘を抱きしめてあげて不安をとってあげたいけど、ずっとは無理だから、難しいね。

夕方にダメ元で2人を寝かしにいったら、2人共寝たぁ。

この時間はまたまたママ自由タイム。今日は旦那が歓送迎会でご飯はいらないから、手抜き夕飯だし、テレビタイム。

大好きなお笑いやドラマや音楽番組は普段ゆっくり見れないから、全部録って、2人が寝てる間に見るのが楽しみ。

2時間程で起きてきた2人。やっぱり娘は泣いて起きてきたり不安定な感じ。

食べること大好きな娘はご飯になると元気だけどね。

21時頃にパパが帰ってきた瞬間に、娘は今までにないぐらいの笑顔と元気ではしゃぎまくってたよ。

寂しい思いさせてたんだなって改めて思った。

私1人の時も、子供2人に寂しい思いをさせないように頑張ろう!!

エヌワン

人に答えを求めるな

これはあるアニメの登場人物がいうセリフです。

アニメ、漫画から学ぶことは、めちゃくちゃ多いです。人に愛されるようなアニメ、漫画を作れるような人が、考えてつくったキャラクターのセリフですから、考えさせられてしまうようなセリフも、多く存在します。

そんななかで、「人に答えを求めるな」っていうセリフは、僕の中で結構心に響いたセリフで、「あぁそういえばいっつも結論を人任せにしていたな」と考えなおさせられました。

大事なところを他人任せにしている人って、結構多いですよね。以前は僕も完全にそうでした。

確かに、人に決断を委ねるのは、楽だし、自分が責任を負わなくてもいいし、いいこともあるんですが、普段からそういう事ばかりしている人は、いざという時に、頼ってもらえなかったり、自分の頑張りを認めてもらう機会を逸したり、やっぱりデメリットのほうが多いんじゃないかと、気づきました。

たとえ、ものすごく頼れる人がいて、その人が「答えに限りなく近いもの」を持っていて、その人の言うとおりに行動したところで、それは既に答えではない気がします。自分で思考し、考えぬいて得た意思、行動こそが「答え」であると思います。自分が行動を起こしたことにより起こるミスが怖かったりするかもしれませんが、そのことに怖がってばかりいたって、それからの人生それ以上にもっと恐いことがおこってしまう確率をいたずらに上げるだけです。

「人に答えを求めるな」

この厳しい世の中を、しっかりと自分の力で生きていくために、とても大切な言葉だと思います。

こういうふうに、自分を助けてくれる言葉を見逃さないようこれからも情報のアンテナを張って行きたいです。